がん予防食事の種類と効果

食生活を含む生活習慣の改善を同時に行う

日本人のがん罹患者は2人に1人と言われる時代になりました。 がん患者が増えたことでがん治療の発展も進みましたが、がん予防にも関心がもたれるようになりました。 がん罹患者の多くが高齢者で体力、抵抗力、免疫力などが大きく関係していると言われています。

我々の身体には免疫監視機能が備わり、常にがん細胞を攻撃しています。 加齢により体力、抵抗力、免疫力が落ちるとがんはその隙間をすり抜けて私たちの身体を蝕みます。 がんは遺伝的要素が高いと言われていますが、2人に1人が癌でなくなる現在、この言葉はもはや当てはまりません。

健康的な生活習慣を心がけることでがんの罹患率は低くなると言われています。 すでにがんが発症している場合、あくまでも手術・放射線・化学療法がメインとなりますが、これらの治療と並行してがん予防食事を採り入れることも治療効果を高めると考えられています。

動物性たんぱく質を抑えて、緑黄色野菜を中心に、魚介類を意識して採り入れることが良いでしょう。 また、その他の生活習慣の改善も必要で、質の良い睡眠や適度な運動と共に食生活を改善することが良いでしょう。 がんが生活環境の悪化から起因すると考えられているので食生活を含める生活習慣の改善は極めて重要です。

食生活の改善は食物そのものばかりではなく質が問題

食生活の改善は食物そのものばかりではなく質にも問題があります。 がんのリスクを抑える栄養素はビタミンやミネラルと様々なものがありますが、これを摂っているだけでがん予防が可能というわけではありません。 調理に使う油や調味料などにも注意しなければいけません。

近年、市販される調味料には様々な成分を含んだ化学調味料が多く、味を美味しく感じさせるための工夫がされています。 これらの調味料を過度に使うことで、このような食生活を慢性化していれば、病気を呼び起こします。 豊富なビタミンとミネラルを含んだ食物を食事に摂り入れても、塩分を強くして調理しては意味がありません。

塩分を多く摂ることは胃がんの原因になると言われており、その他、高血圧の原因ともなります。 お酒の飲みすぎも罹患率を高めると言われています。 食事を改善しているとは言え、過度な飲酒を続けていれば、食道がん、大腸がん、胃がん、肝臓がんなどのリスクが高まります。

適度な飲酒は良いのですが、過度な飲酒はがんの罹患率を高めます。 良質の食材を使用し、塩分や調味料を抑えて調理することが良いです。 食事中や食後の飲酒も控えめにすることが重要です。

参考サイトはこちら⇒ がんの予防と癌再発を防ぐ食事と食生活