こどもちゃれんじを利用してみて

こどもちゃれんじを利用してみて

今年三歳になる我が子は、あまりものを欲しがることがありません。親戚の子供たちが親に、おもちゃや絵本、お菓子などをねだっているところをよく見かけていたため、この子はなぜものを欲しがらないのだろうと少し心配していました。

しかし、テレビでこどもちゃれんじのCMが流れていた際に、食い入るようにじっと画面を見ていたため、もしかしてやってみたいのかなと思い、契約を決めました。 教材が届いたその日に開封して、子供に見せるとポカーンと口を開けて、しばらく箱の中身を見つめていました。

その後、中に入っていたぬいぐるみを持って家の中を走り回るほどの興奮ぶりで、見ていて少し驚いてしまいました。 毎日、教材で楽しく遊んでいるのですが、たまにお気に入りの教材があるとお風呂や寝るときの布団の中にまで持っていこうとするこだわりようです。

我が子にこんな一面があるということさえ知らなかった私は、これまで見たことのなかった部分を見られて嬉しいような、親として何だか情けないような不思議な気持ちになります。知育に良い上に子供もとても楽しそうなため、これは良い買いものをしたねと、いつも夫婦で話しています。

日常生活にも変化が出てきました

こどもちゃれんじを始めてから、毎日の生活に少しずつ変化が現れてきました。まず、これまであまりお友達に話しかけようとしなかった息子が、自分から元気に挨拶をして、テレビアニメの話などをし出すようになったのです。

教材のおかげなのかどうか、はっきりとは言いきれないのですが、こどもちゃれんじを始めてからの変化なので、私はそのおかげだと思っています。また、以前はほとんどおねだりというものをしなかった息子なのですが、最近ではたまに、テレビCMで紹介されているおもちゃを指さして、これが欲しいというようになりました。

もしかすると、息子はこれまで、自分から意思疎通しようとすることが怖かったり、苦手だったりしたのではないだろうかと最近思います。こどもちゃれんじの教材で遊んでいる内に、人とコミュニケーションを取ることは怖いことではないということを知り、自分から話せるようになったのではないかと思うのです。

もっと早くに気づいてあげられたら良かったなと感じつつ、息子の成長が見て取れることに毎日感謝しています。これからは、もうすぐ生まれてくる彼の妹も共に、継続して利用し続けたいと思っています

参考サイトはこちら⇒ こどもちゃれんじのマジな口コミ体験記